吉岡里帆、あざとすぎる