【熊崎敬】“奇妙なゴール”が象徴するレベルの低いチャンピオンシップ。次元の低い「面白いゲーム」